ウィズコロナ時代のコンサートの新しいモデルを提示、2021ワールドK-POPコンサート(韓国文化フェスティバル)が大盛況で閉幕

13~14日の2日間、国内外のトップアーティストが集結したコンサートなど、華やかに繰り広げられたフェスティバルが閉幕
全世界263万人の韓流ファンが参加(11.18現在)

November 25, 2021 11:33

ソウル--(Korea Newswire) November 25, 2021 -- 去る13日、14日の両日、高陽市キンテックスで開かれた‘2021ワールドK-POPコンサート(韓国文化フェスティバル)’(以下ワールドK-POPコンサート)が、国内外の多くの韓流文化ファンの熱狂の中で盛況のうちに幕を下ろした。

今回の行事は韓国文化体育観光部(長官黄熙(ファン·ヒ)、以下文体部)と、韓国国際文化交流振興院(院長チョン·ギルファ、以下振興院)が合同で開催した。本格的に日常が回復していく中、政府レベルで開かれる初の大規模オンライン行事とあって、ファンの高い関心を集めた。

また今回のイベントは‘ワクチンパスポート’および‘ピープルカウント’システム導入など、新型コロナ感染防止に格別な注意を払い行われた。入場できるのはワクチン二次接種後2週間経過したか、PCR検査後48時間以内に受け取った音声確認書、または音声確認メッセージを受け取った観覧客のみだった。

14日に行われたワールドK-POPコンサート(B.I.T 4 U Concert)の場合、さらに強化された防疫手順が適用された。観覧客は入場時に提供された使い捨て手袋を常時着用しなければならず、すべての座席はソーシャルディスタンスに準拠して配置された。また、公演中は歓声やシンガロングは厳しく禁止され、座席間の移動が制限されるなど安全を最優先に運営された。

このように感染防止対策に万全を期して行われたワールドK-POPコンサートは、オン·オフライン合わせて全世界約263万人の韓流ファンが集い、さらに祭りを盛り上げた。特に、この日会場には約3,000人の観客が韓流アーティストたちの熱い舞台を観覧し、振興院のYouTubeチャンネルでの生中継でも、全世界から15万人が同時アクセスしてフェスティバルを楽しんだ。

NCT DREAM、SHINeeのKEY、aespa、ITZY、PENTAGON、Simon Dominic、Loco、BraveGirls をはじめ、アメリカのポップスター· Kehlaniなどが出演し、文体部のファン·ヒ長官がフランスの韓流ファンと現地からオンライン観客として参加して挨拶を伝えた。フィナーレ舞台を飾った SHINeeのKEY は‘歓声のない公演は少し不自然だが、今回の公演がきっかけとなり、ウィズ·コロナ時代に歌手たちが舞台に立つ機会が増えることを願う’と伝えた。

文体部と振興院はこの日の公演を通じて新型コロナ克服への希望のメッセージを伝えるため、新型コロナ克服のために尽力した医療陣や公務員をはじめ、文化疎外階層、多文化家庭、在韓外国人などを特別招待した。

今回のイベントの模様は来る11月28日と12月5日、6日、MnetとTVINGそしてtvN Asiaなどで放映される予定で、全世界のファンに再び当時の感動を伝える計画だ。

一方、振興院はワールドK-POPコンサートの事後プログラムとして、来る11月30日(火)に‘K-POPの歴史と未来カンファレンス’(The History of K-POP, and Future Insight)をオフラインで開催する予定だ。 K-POPと大衆音楽文化政策をテーマに行われるこのカンファレンスは、イベント当日、韓国文化フェスティバル公式YouTubeチャンネルでライブストリーミングされる。

YouTube Channel: https://www.youtube.com/c/kculturefestival

Website: http://kofice.or.kr/index.asp

View English version of this release

Contact

For Korean Foundation for International Cultural Exchange (KOFICE)
Edelman Korea
Olivia Joh
+82-2-2022-8260
이메일 보내기

Youngwoo Kim
+82-2-2022-8237
이메일 보내기

This is a news release distributed by Korea Newswire on behalf of this company . Learn more